オレンジリボン

「オレンジリボン運動とは」

  2004年9月、栃木県小山市で二人の幼い兄弟が虐待の末、橋の上から川に投げ入れられて亡くなる事件が起きました。その事件をきっかけに子ども 虐待防止をめざした小山市の「カンガルーOYAMA」が2005年にオレンジリボンキャンペーンを始めました。「NPO法人里親子支援のアン基金プロジ ェクト」がその活動に協力し、大きく育てました。「カンガルーOYAMA」、「NPO法人里親子支援のアン基金プロジェクト」、「児童虐待防止全国ネ ットワーク」は、3者間独自に相互協力する場として「オレンジリボンキャンペーン推進センター」を設け、2006年からは「児童虐待防止全国全ネッ トワーク」が総合窓口を担い、厚生労働省との協働により全国的に活動を広げています。

 

「子ども虐待防止キャンペーン 岐阜オレンジリボンたすきリレー」
  
■趣旨及び目的
  子ども虐待は、一援助者、一機関あるいは一専門分野のみで解決される問題ではなく、多くの機関・分野の方々の協働と、市民の方々の理解と協力が 不可欠である。
  そこで、日頃、様々な機関・分野で活動されている方々が、一つの目標に向って子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンをたすきに仕立て、これ をリレーしながら走ることにより、心を一つにすれば子ども虐待防止のための大きな力になることを示すとともに、たすきリレーを要としつつ、各地の 行政や民間団体・施設などが様々な形でキャンペーン活動を行うことで、子ども虐待防止や子育て支援への市民の関心を高めることを目的とする。
  また、11月は「児童虐待防止推進月間」であり、この期間を中心にたすきリレーを実施しすると共に、各地の実情にあった時期に他の子ども虐待防 止及び子育て支援関連行事をつなぐ「イベントリレー」を実施することにより相乗効果を呼び、一層充実した啓発活動となることをめざす。併せて、関 係機関が共同して取り組むことにより、関係機関相互の連携を強化し、幅広いネットワークを形成することをめざす。

■開催時期
  毎年11月上旬頃

■開催内容                                                                  前年度岐阜オレンジリボンたすきリレーパンフレット参照
    http://www.pref.gifu.lg.jp/kurashi/kosodate/gyakutai/jido/gixyakutai/sixyuxtupatusiki.data/orenge-tasuki.pdf